« 名古屋 | トップページ | 週刊朝日のweb版 »

2019年12月14日 (土)

週刊朝日の記事その2

あれは10年2月、NHKのスタジオだった。かつてジュリーのプロデューサーだった故加瀬邦彦さんと雑談した際、こう言われた。

「(素人の)君にはわからないかもしれないけど、プロから見たジュリーのボーカルってすごいんだよ」

 またあれは14年9月、渋谷公会堂での公演だった。客席でたまたま元タイガースの岸部一徳さんと隣り合わせた。ジュリーが「追憶」(74年)を歌い始めると、いつものポーカーフェースだった岸部さんが、目を輝かせて腰を浮かした。

「なつかしいなあ。やっぱ沢田、すごいな。よう、こんだけ声が出るわ」

 往時と比べたら、体形も声質も違う。10年2月のインタビューの一部も紹介しよう。

――還暦を過ぎても全速力で走り回っていますね。

「お金を払って見てもらう以上、ラクしちゃいかんと思うんです。かつて(米国人歌手の)ダイアナ・ロスの公演を見ました。終盤になると彼女が疲れ、声も絶え絶えになってきた。でも、そこで初めて生身の人間が見えた。『がんばってるなあ』と引き込まれ、僕もそうありたいと思いました。間違えたっていい。つつがなく終わる公演より、生のよさを伝えたい」

「そりゃ体は重いですよ。走っても、きっと格好はよくない。でも、ぶざまでもがんばっている姿は感動を呼ぶと思うんです。僕はね、太ったとか、やせなさいとか言われるのが一番嫌なんです。僕は天の邪鬼だから、太って嫌われるなら、それだけのものじゃないかと思ってしまう。人間は変わっていく。誰もが老い、朽ちていくんです」

kimiko

|

« 名古屋 | トップページ | 週刊朝日のweb版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名古屋 | トップページ | 週刊朝日のweb版 »