« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月31日 (火)

ありがとうございました

Image0_20191231215801

宮島で年越しです。
鎮火祭の松明です。
2019年は思いがけない事の連続でした。
目の前に広がる道を、思いついたままに歩いていたら、こんな風になりました。
逆らわず、気持ちの良い方向に進んでいきます。
良かったら、引き続きよろしくお願いします。
2020年も良い年になりますように。

| | コメント (0)

かつてのコンサートメニュー

かつてのコンサートメニュー

こちらにまとめました。

かつてのコンサートメニュー2

誤字脱字があるかも?

| | コメント (0)

今年もお世話になりました

思いがけない事があった1年でした。
コンサート会場などで、たくさんのかたにお目にかかって、お話しました。
トークショーを三回もやらせていただき、
毎回、来ていただいたり、ありがたい事だと思っています。
本の出版だなんて、信じられない事が出来たのは皆さまのおかげだと思います。

2020年はどんな年になるのかわかりませんが
今までと変わらず、淡々と書いて行きます。
どうぞよろしくお願いします。

kimiko

| | コメント (0)

ココロ公演事事業部

http://www.co-colo.com/official-fanclub/jigyou-bu.html
澤會と統合。

そうだよね、二つあるほうが、変だものね。
ようやく、ね?

kimiko

| | コメント (0)

2019年12月30日 (月)

コンサートメニュー

コンサートニュー
’76 武道館
1 すべてはジョニーのために 
2 シー・シー・ライダー 
3 マイ・メロディ・オブ・ラブ
4 巴里にひとり 
5 レイン・フォールズ・オン・ザ・ロンリー 
6 ラヴ・ラヴ・ラヴ
7 君をのせて~魅せられた夜~恋は邪魔者~追憶~時の過ぎゆくままに~立ちどまるなふりむくな~あなたへの愛~許されない愛~ウインクでさよなら~コバルトの季節の中で 
8 アイ・フェィール・イン・ラブ 
9 悪い予感
10 ジーザス・クライスト・スーパー・スター 
11 ヘイ・ベイビー 
12 ロ・メロ・メロ
13 聖しこの夜 
14 さよならをいう気もない 
15 夜汽車の中で 
16 愛の不思議
17 熱いまなざし 
18 夜の河を渡る前に 
19 キャンディ 
20 ウェン・ザ・ライト・ウェント・アウト 
21 残された時間

Julie Rock’n Tour ’78 IN 田園コロシアム『今夜は華麗な宴にどうぞ』
1 Lips 
2 That's all right mama.
3 酔いどれ関係 
4  Happy Lady
5 探偵(MC)
6 あなたに今夜はワインをふりかけ 
7サムライ
(MC) 
8 Love 
9 グッバイのマリア 
10 女はワルだ 
11ヤマトより愛をこめて 
(MC)
12井上バンド演奏 
 13 I saw her standing there. 
14 ホット・レッグス 15勝手にしやがれ 
 16 ダーリング 
17 ボーンルーズ 
18 I've got the music in me.

沢田研二コンサート '78.9.15
1今に生きる 
2お嬢さんお手上げだ 
3グッバイ・マリア 
4熱い想いだけ 
 5あなたに今夜 はワインをふりかけ
(MC)  
6探偵 
7酔いどれ関係 
 8ヤマトより愛をこめて
(MC) 
9インストゥルメンタル 
10疑惑の影 
 11キープ・ミー・ハンギング・オン  
(MC)  
12危険なふたり
13 時の過ぎゆくままに 
14勝手にしやがれ 
15ダーリング
(MC)
 16 Love~抱きしめたい~ 
17 絆な 
18 それぞれの明日に 

Julie Fall PartⅡ   ’78.11.30
1井上バンド演奏 
2星たちの宴 
3Lady 
4 I saw her standing there.
(MC)
5ウィンクでさよなら 
6コバルトの季節の中で 
7許されない愛
(MC)
8パーティーのあとで 
9悪魔への鎮魂歌 
(MC)
10 愛は運命 
11 You're in my heart
(MC)
12憎みきれないろくでなし 
13Happy Lady 
14ダーリング 
15勝手にしやがれ 
(MC)
16Love抱きしめたい
 17絆な 
18それぞれの明日に

新春歌い初め 大阪フェスティバルホール ’79.1.2~5
1オーバーチェア~TWO 
2ダーリング 
3勝手にしやがれ
(MC)
4ママとドキドキ 
5ロ・メロ・メロ 
6キャンディー 
7外は吹雪 
8いくつかの場面 
9井上バンド演奏
10アメリカン・バラエティ
(MC)
11 サンセット広場 
12想い出をつくるために愛するのではない 
13LOVE ~抱きしめたい~
(MC) 
14 カサブランカ・ダンディ
15 Miss You 
16 気になるお前 
17 失うには早過ぎる 
18ラスト・ソング

沢田研二Spring Tour'79  '79.5.3.3
1オープニング~The shadow of the Devil
2ハプニング 
3晴れた日に愛が見える
(MC)
 4お嬢さんお手上げだ 
5 時の過ぎゆくままに
(MC)
6Two 
7アメリカン・バラエティ 
 8白い部屋 
9~井上バンド演奏~ 
10ブルームーントリップ 
11グッバイマリヤ 12苦い夜
(MC)
13 憎みきれないろくでなし 
14 I'm Sexy 
15カサブランカ・ダンディ 
16 Lie Down 
17 Song is Love.

沢田研二ショー 日劇 ’79.6.18~24
1 ZEROの浪漫  
2 ブルームーントリップ 
(MC) 
3勝手にしやがれ 
4ダーリング
(MC) 
5危険なふたり 
6恋は邪魔もの 
7君をのせて 
8悪魔への鎮魂歌 
(MC)
9サミーボー 
10アメリカン・バラエティー 
(MC) 
11TWO 
12薔薇の門 
 13LOVE・・・抱きしめたい 
 (MC) 
14カサブランカ・ダンディ 
15幻想摩天楼
 16スペースマジック 
17あなたに今夜はワインをふりかけ 
18ブラウンシュガー
19ラストソング

Julie Rock'n Tour'79
1オープニング~So glad to see you 
2お前のハートは札つきだ 
3ジュークボックスジャイブ
4カサブランカ・ダンディ 
(MC) 
5アムネジア 
 6TOKIO 
(MC)  
7コカコーラの歌
 8危険なふたり 
9花・太陽・雨 
10 井上バンド 
11サンディー・ドライバー 
 12 ブラウンシュガー
13 ONLY YOU CAN ROCK ME  
14 陥ちてゆく夜 
(MC) 
 15ダーリング 
16憎みきれないろくでなし  
17OH!ギャル 
18 勝手にしやがれ 
 19 サムライ 
20 夜の河を渡る前に  
21気になるお前 
22 STAY WITH ME BABY

秋のコンサート'79
1 Come on music people
2 In the city 
3 OH!ギャル 
4 きめてやる今夜 
(MC)
5バイ・バイ・バイ 
6お前なら 
7コバルトの季節の中で 
(MC) 
8 ジェラスガイ 
9 レター
10 太陽に吠えろ (井上バンド)
11 捨てゼリフ 
(MC) 
12 コインに任せて 
13TOKIO 
14ロンリーウルフ
15アムネジア 
16カサブランカ・ダンディ 
17サムライ 
18ダーリング 
 19 MANY RIVER TO CROSS

リサイタル ’79.11.29~12.3 中野サンプラザ
<第一部>
 1 序曲 TOKIO~コー 
2地球に堕ちてきた男 
3コインにまかせて 
4MITSUKO 
5捨てゼリフ
6TOKIO~マイム~ 
7アムネジア 
8DEAR 
9ノック・ターン 
10TOKIO~哀しみの行進
 11夢を語れる相手がいれば  
12ミュータント 
13TOKIO ~ENDING~
 休憩
 <第二部>
 1 FANTASTIC WOMAN 
2憎みきれないろくでなし 
3 カサブランカ・ダンディ 
4あなたに今夜はワインをふりかけ 
(MC) 
5 落葉の物語 
6 SMILE FOR ME 
7もどれない道 
(MC)
 8 I AM I  
9 ロンリーウルフ  
(MC) 
10 OH!ギャル 
11勝手にしやがれ 
12愛の出帆
 13本当の人生を 
14 心の絆 
15 愛の絆 I'll sing for you.

沢田研二'80 大阪フェスティバルホール'80.1.2~5
1 Dream Police  
2 When the ligth went out  
3 Rolling Boy  
(MC) 
4 Knock turn
 5 MITSUKO 
6 夢を語れる相手がいれば 
7 TOKIO 
8 ミュータント 
9 捨てゼリフ
(MC) 
10 雨あがりのシーサイド(井上バンド)
 11~メドレー~ A 恋の終列車 B 若さをつかもう C ディジー・ミス・リジィ D テゥ・ラヴ・サムバディ Eオールマイラビング
Fフリフリ G星のプリンス Hモンキーズのテーマ
12 I AM I  
(MC) 
 13 魅せられた夜 
14 キャンディ  
15 OH!ギャル 
16 涙の別れ道
 17 晴れた日に愛が見える 
18男達のMid Way  
19 ハードボイルド’80  
20 アンコール

沢田研二'80 日劇'80.1.18~24
1 Love Magic  
2 WAKE UP!  
3 When the light went out 
(MC) 
4 コインに任せて 
 5 ノックターン 
6 捨てぜりふ 
(MC) 
7 MITSUKO 
8 追憶 
9 ミアモールエル 
(MC)
 10 雨上がりのシーサイド(井上バンド)
 11~メドレー~ A 恋の終列車 B 若さをつかもう C ディジー・ミス・リジィ D テゥ・ラヴ・サムバディ 
 Eオールマイラビング Fフリフリ G星のプリンス Hモンキーズのテーマ 
(MC)
 12 TOKIO 
13 カサブランカダンディ
14 あなたに今夜はワインをふりかけ 
15 SHIPS
 16 Rock Music 
17 SAD MAN 
18 ハードボイルド ’80

IN 横浜スタジアム '80.5.24
IN 大阪万博お祭り広場 '80.5.30
1 TOKIO 
2 お前は魔法使い 
3 アンドロメダ 
(MC) 
4 Lover Lover Lover 
5 お月さん万歳!
 (MC)
6 どうして朝 
7 ウーマン ウーマン 
8 ミュータント 
9 世紀末ブルース(MC)
 10 勝手にしやがれ 
11 カサブランカダンディ 
12 時の過ぎゆくままに
 (MC) 
 13 恋のバッドチューニング
14 UP UP DOWN 
15 マダムX 
16 ブラウンシュガー 
17 夢のつづき
 アンコール  
 恋のバッドチューニング 
 サティスファクション 
 いくつかの場面

1980  沢田研二コンサート Part2 '80.6.7
1 TOKIO 
2 お前は魔法使い 
3 アンドロメダ 
(MC) 
4 Love Love Love 
5 お月さん万歳!
 (MC) 
6 勝手にしやがれ 
7 カサブランカダンディ 
8 時の過ぎゆくままに 
9 世紀末ブルース 
 10 ミュータント 
11 Without You Morn 
12 きれぎれの街 
(MC) 
13 恋のバッドチューニング
14 UP UP DOWN 
15 マダムX 
16 夜汽車の中で 
17 夢のつづき
 アンコール 
 憎みきれないろくでなし
 ノックターン
 あなたに今夜はワインをふりかけ

'80 沢田研 秋のツアー
1 LONELINESS  
2 I’m all rightt  
3 HEY BOY 
(MC) 
4 お嬢さんお手上げだ 
 5 胸いっぱいの悲しみ 
6 MITSUKO 
7 TOKIO 
(MC)
8 CMメドレー 
a) I DO LOVE YOU
b) RED SUMMER 
c) 落葉の季節
d)二人なら飛べるのに 
e) あなたに今夜はワインをふりかけ
(MC)  
9 More than I can say  
10 危険なふたり 
11 恋のバッドチューニング 
(MC)
 12 嘘はつけない 
13 憎みきれないろくでなし 
(MC) 
14 酒場でダバダ 
15 Walk A WAY
 16 Stay with me baby

Julie Rock'n Tour '80
1 ベティ-・ルーは今晩お出まし 
2 Singing The Blues 
3 ママとドキドキ 
4 (オリジナル曲)
 5 She was a good girl.  
6 ミラーボールの夜 
7 ウーマン・ウーマン 
8 みんないい娘 
 9 プリテンダ- 
10 ロックン・ロール・メドレー  
11 船はインドへ 
12 夕映えの海
 13 サムライ  
14 悪い予感 
15 TOKIO 
16 ダーリング  
17 恋のバッドチューニング
18 どうして朝  
19 Gimme Some Loving 

新春歌いぞめ 大阪フェスティバルホール '81
1 オーバーチェア- 
2 勝手にしやがれ 
3 アイ・ビリーヴ・イン・ミュージック
4 ホット・レッグ 
5 疑惑の影 
(MC) 
6 おもいきり気障な人生 
7 ラム酒入りのオレンジ
8 ママ 
(MC)  
9 メドレー~ aアンダー・マイサム bマザーインザシャドー cテルミー 
dタイム・イズ・オン・サイド eアンジ- f夜をぶっとばせ  
(MC)  
10 インストゥルメンタル
11 あなたに今夜はワインをふりかけ  
12 ヴィヴァ・ミュージック 
 13 ユー・アー・イン・マイ・ハート 
(MC)  
14 サムライ  
 15 憎みきれないろくでなし 
16 ロックン・ロールマン 
17 サティスファクション 
  アンコール

Sprong Tour'81
1 フリー・ウェイズ  
2 終わりのない旅 
3 あなたに今夜はワインをふりかけ
4 ピアノを止めろ 
5 お前は曲者 
(MC) 
6 あなたへの愛 
7 時の過ぎゆくままに
8 ウインクでさよなら  
9 誓い~二人の心~ 
10 悪い女 
11 ストレンジャー
12 やさしく眠れ  
13 太陽のハイウェー 
14 ダーリング 
15 憎みきれないろくでなし
16 サムライ  
17 ホット・レッグス 
18 ボーン・ルーズ

沢田研二リサイタル
第一部 
1 オーバーチェア-~君に歌う~
(MC) 
2 レイン・フォール・オン・ザ・ロンリー 
 3 自由に歩いて愛して 
(MC) 
4 あなたへの愛 
5 許されない愛 
6 巴里にひとり 
(MC)
7 二人なら翔べるのに 
8 お前は魔法使い 
9 ウィズ・アウト・ユー 
10 絆な 
 11 ユア・イン・マイン
第二部 
~天草四郎~ 
1 オーバーチェア- ~メッセージソング 
《幕間劇》 
2少年の悲しみ 
3 決意
 4 歓喜の歌 
5 望むものは 
6 戦いの決意 
7 我々は戦った 
8 敗れたけれど
9 去る者への言葉   
10 メッセージ・ソング 
  
11 憎みきれないろくでなし 
12 あなたに今夜はワインをふりかけ 
(MC) 
13 ダーリング 
14 勝手にしやがれ
15 かーてんこーるの前に 
17 それぞれの明日に
 アンコール
君に歌う

KENJI SAWADA IN HONG KONG  6~7.Dec'80
1 TOKIO  
2 I'm all right.  
3 Hey! Boy 
(MC) 
4 OH!ギャル 
5 胸いっぱいの悲しみ
6 カサブランカ・ダンディ 
7 時の過ぎゆくままに 
8 More than I can say. 
9 危険なふたり
10 恋のバッド・チューニング 
11 Always演奏 
12 When tthe light went out. 
 13 Juke box jive. 
14 フュージティブ・カインド 
15 おまえがパラダイス 
16 酒場でDABADA 
 17 勝手にしやがれ 
18 WALK AWAY 
19 Stay with me, baby.  
アンコール 
  憎みきれないろくでなし
 Knock turn 

沢田研二 新春歌い初め 
’81.1.2~4(大阪フェス)6~7(渋谷公会堂)
オーバーチェアー
1恋のバッドチューニン
2 OH! ギャル  
3 酒場でダバダ 
 4 ジュークボックスジャイヴ 
(MC) 
5 More than I can say.  
6 I love you, too.  
(MC)
 7 クライマックス 
8 許されない愛 
9 The Vanity Factory.  
10 She said・・・ 
 11 Maybe tonight 
(MC) 
12 午前3時のエレベーター 
13 I'm in blue. 
 14 I'll be on my way 
 (MC) 
15 CAFE ビアンカ 
16 HEY! Mr.Monky.
 17 おまえがパラダイス 
18 彼女はデリケート 
19 NOISE 
20 GS I love you.

| | コメント (0)

雨の呉です

昨日の夜から降り出した雨。

今日のお昼には止むとの予報です。
特に出かける予定もないので、年末に頼まれた事を整理しようと思います。

別の件は一応、完成して、渡しました。

今日、手掛けるものは、ちょっと手ごわい。
ビデオがあるかなあ、厳しいかも。
ぼちぼち、やってみます。

何かって?
形になりそうだったら、お知らせしますね。

さて、やりましょうか・・・

 

| | コメント (0)

2019年12月29日 (日)

雨です

夕方から雨が、降ってきました。
のんびりと姉と二人で買い物をしていました。
31日に出かけます。

kimiko

| | コメント (0)

1.19 NHKホール

3階C3列50番台が1枚あるそうです。
送料込みで8000円です。
DM、あるいは書込みしてくださいね。

kimiko

| | コメント (0)

ボロ

Image0_20191229091701

中国新聞12.29
「沢田研二」に反応!

| | コメント (0)

2019年12月27日 (金)

お花

Image0_20191227070901

kimiko

| | コメント (0)

今夜

広島へ。

仕事が終わったら会社の忘年会。

その後、飛行機で広島へ。

9連休なので、ゆっくりしようと思っていますが、5日の名古屋に行くので最後はあわただしくなりそうです。

ぼちぼち、更新しようと思います。

| | コメント (0)

2019年12月25日 (水)

NHKホール

3階C8列10番台 1枚(定価)
2階R9列20番台 2枚(代金は要相談)
以上、チケットが、あるそうです。
コメントでメルアドを書いてご連絡ください。

kimiko

| | コメント (0)

12.24


◼️1部
危険なふたり 
憎みきれないろくでなし 
コバルトの季節の中で
サムライ   
追憶 
時の過ぎゆくままに 
麗人
ラブラブラブ
お前にチェックイン
恋のバッドチューニング
ストリッパー  
TOKIO

■2部
ダーリング   
あなたへの愛
さよならを言う気もない
ヤマトより愛を込めて 
白い部屋
君をのせて 
そのキスが欲しい
お前がパラダイス
許されない愛
OH!ギャル  
カサブランカダンディ 

■UC
勝手にしやがれ
あなたに今夜はワインをふりかけ

kimiko

| | コメント (0)

2019年12月24日 (火)

NHKホール

2階席のチケットの行先が決まりました。

ありがとうございました。
まだ他にも出てくる可能性がありますので、その時には、こちらでお知らせします。

チケットを探されている方がいらっしゃいましたら、お知らせいただければ幸いです。
100パーセント、チケットがある、というわけではありませんが、取れたらいいな、という程度に
考えていただけれと嬉しいです。
コメントを書いていただきますと、一般公開されませんので。

| | コメント (0)

トリビュート

たまたま誘われて行った9回目の『トリビュートライブ』

Julie以外の人が歌うJulieの曲を聴きたいと、思ったことはなかった。

そこで歌われたものは、確かにJulieのヒット曲であったが、
それよりもオリジナルの歌を聴いてみたいと思わせるものがあった。

聞いてみると、小学生の頃、『危険なふたり』をTVで見て聞いて、Julieのファンになったとか。
それ以来、ずっと『Julieは僕のアイドル』と言い続ける藤原MAXまさのり。

Julieファンが賞賛する事は別に何も思わないが、そうではない人が
Julieファンだと公言する事
さらに歌い続ける事に感激した。
2017年7月から始まったという『トリビュートライブ』
今夜はヒット曲を20数曲、歌うという事で、
イブの今夜、行って聴いてきます。

沢田研二トリビュート

トリビュート. 特定のアーティスト、バンド等、他への賞賛として捧げられるもの

 

 

| | コメント (0)

2019年12月23日 (月)

お正月のMC

何を話してくれるのかしら。
5月からのツアースケジュール、
そのほか、があるのかなぁ。
なんだろうか。

kimiko

| | コメント (2)

DVDから

タローさんのDVDから

 

kimiko

| | コメント (0)

2019年12月21日 (土)

福岡

1月7日
6列が、5枚あるそうです。探してるかた、ご連絡ください。


kimiko

| | コメント (0)

JFC18 1973年

会報、ありがとうございました。一瞬にして読んでしまうのが、とても惜しいのです。 私も19才、来年は成人式ですが、この年齢にJulieはご自分の道を歩んでいらっしゃったんだと 思うと、なんだか自分が小さくて世の中に甘えすぎてるみたいに思います。Julieは今年、25歳。 自分も同じ様に年をとっているのに何となくJulieが大人としてどんどん進んで行かれるようです。
“最近Julieのファンになった人は楽だと思います。何故なら思い出がないから”という言葉に 強く心を打たれています。思い出は時として私の心に邪魔な影を残し、前に進もうとする気持ちを 引っ張ります。ふっと昔を思って楽し時もあるけれど、それより何かやはり満たされなくて、 今のJulieを思って空しさから逃れています。思い出は思い出、でも何のわだかまりもなくJulieを 思う時、タイガースのJulieが重なるのもおかしなものです。

"ザ・タイガース・シペシャル" どうしてもこの時期になると、タイガースが出てくるんですね。 ずっと昔からJulie一人であったような気がしたり、タイガースがつい最近までいたように思えたり…。 2/7の放送でJulieのおっしゃった『そういう事は忘れたい。忘れられないけど。』 と笑い乍らまるで冗談を言ってらっしゃるかのようなあの言葉、それがすべてを言い表して いる様に思えました。そして『誰かがめくってくれれば(過去の思い出)… 全部覚えている』言葉を強めて『1回きりとか、ファンが要望したから というんじゃ絶対やりたくない。 本気で一からやり直そうというんならやってもいい』
私には、タイガースを一番愛していたいるのは、Julieだと思えるんです。ステージをやりたくない っていうのは、決してタイガースを拒否しているのではなくタイガースを最高の思い出としてとって おきたいから、安易に使われたりするのがお嫌なのだと思います。

その時々を真剣に生きている、過去は関係ないんです。サリーはタイガースは自分にとって 人生の花であったとおっしゃったけど、Julieの花はまだまだ大きなものだと思います。 常に今を大事にされてきてそして現在のJulieがある。そう思う時、私はファンとしての誇り を感じます。40代、50代になっても、お互いに信じていられるJulieとファンでありたいと思います。

http://julies.world.coocan.jp/jfc18.html

| | コメント (0)

1970年の記事

★スクラップ
 6/1読売新聞;『現場もひとこと=鴨下信一』
 視聴者の皆さんに喜んでいただける楽しい番組を作るコツといったら、《結婚生活》をうまくやる コツと似ているといえましょうか。ディレクターの私達と、主演のタレントさんとが助け助けられ 苦楽を共にするのですから。連続番組を製作するとなると、私達と主役のタレントさんとのつきあう 時間は、この《虹のお祭り広場》(木曜日午後9時)で1週間に本番の日が大体9時間、リハーサルや 録音、打ち合わせやらで5~6時間、ひょっとすると本物の女房、子供を会っている時間より多い位ですから。 お互いの気心が知れ合ってなかったら、決して良い番組は作れるものじゃありません。

沢田研二君と私とはこれが初めての番組のおつきあいですから、いわば見合い結婚です。 それもJulieなんて呼ばれている人ですから、国際結婚。これは随分風俗習慣が違うんじゃないかと、 最初は相当心配でした。ところが、これが思い切って日本人的な人なんです。グループサウンズ、 タイガースのアイドルとしてのJulie、タイガースのJulieとしてのほかに、沢田研二をいう本当に 代表的な日本人がいるって感じです。何しろ、食べ物もコーヒーなんて大嫌いだし、空手は 強いし、本人は嫌がるけど和服がとても似合うし、驚いたのは、雨の日なんか大きな番傘を持って くるほどなんですから。だから日本の民謡などを歌わせると、素晴らしくうまい。 殺陣などやらせると本当に水際立っている。こんな沢田君の 新しい魅力を出来るだけ出していきたいというのが、女房役の私の目算です。礼儀正しさ、 几帳面なこと、誠実さ、そんな日本人の美点が沢田研二というタレントを支えているということを 知って、今ほれ直しているところです。(TBSテレビ制作局プロデューサー)
http://julies.world.coocan.jp/jfc5.html

| | コメント (0)

頼まれて

Image0_20191221070301Image1_20191221070301Image2_20191221070301Image3_20191221070301Image4_20191221070301Image5_20191221070301Image6_20191221070301

画像を集めてます

| | コメント (0)

パリの哀愁

クローディヌ・オージェさん!

https://www.google.co.jp/amp/s/eiga.com/amp/movie/68540/

kimiko

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

ATTNE MOI

ATTNE MOI

| | コメント (0)

再び・・・

12.24 ジュリー・トリビュートの事です。
トークショーにゲストで来ていただき、藤原MAXまさのりさん、MAXのJulieにまつわる話を聞きました。

で、24日には24~5曲、ヒット曲を歌います、という案内をいただきました。
イブなので、すでに予定がある方も多いかと思いますが、もしお暇な方がいらしたら、ぜひ!

荻窪ルースター本店
杉並区荻窪5-16-15 井上ビルB1
03-5347-73691224j_20191220062701

OPEN19:00 START20:00 ミュージックチャージ3000円

| | コメント (0)

悪い事と良い事

昨日は、悪い事と良い事が一個ずつあった。

悪い事は、仕方ないなぁ
でも、本音だし、と。

良い事は、「やった〜!」と思うような感じ。
あ、神席が来たわけでは、ない。

プラスマイナスゼロか
気持ちとしては、ややプラスかな。

kimiko

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)

今日は何日?

え、12月18日か~~。

もうすぐクリスマス。
予定もないから、トリビュートに行ってきます。
2月7日私の誕生日に、私の本を買ってくださったという藤原MAXまさのりさん。

不思議なご縁を感じて、トリビュートって、どうなのかなと思いながら行ってきました。

Julieを好きだ、と言ってもらえる嬉しさ。しかもプロの歌手の発言。
それが一番、だったなあ。
別にJulieの歌だけじゃなくて、オリジナルを聴いてみたいな、と思ったのです。
実際にJulieとすれ違っただけで『恐れ多くて』と笑ったMAX。
そういう事も、いいなあ、と思ったのです。

⒓月24日最後のトリビュートライブ。
20数曲、歌うとの事で、行ってきます。1224j_20191219072701 

| | コメント (0)

2019年12月18日 (水)

NHKホール・・・

まだ手元にしていないのですが。。。

ネット検索すると3階席が・・・・・・・・・・・

さて、私の千穐楽はどこかしら?
楽しみにしています。

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

週刊朝日のweb版

https://dot.asahi.com/wa/2019121200023.html?page=1

kimiko

| | コメント (0)

2019年12月14日 (土)

週刊朝日の記事その2

あれは10年2月、NHKのスタジオだった。かつてジュリーのプロデューサーだった故加瀬邦彦さんと雑談した際、こう言われた。

「(素人の)君にはわからないかもしれないけど、プロから見たジュリーのボーカルってすごいんだよ」

 またあれは14年9月、渋谷公会堂での公演だった。客席でたまたま元タイガースの岸部一徳さんと隣り合わせた。ジュリーが「追憶」(74年)を歌い始めると、いつものポーカーフェースだった岸部さんが、目を輝かせて腰を浮かした。

「なつかしいなあ。やっぱ沢田、すごいな。よう、こんだけ声が出るわ」

 往時と比べたら、体形も声質も違う。10年2月のインタビューの一部も紹介しよう。

――還暦を過ぎても全速力で走り回っていますね。

「お金を払って見てもらう以上、ラクしちゃいかんと思うんです。かつて(米国人歌手の)ダイアナ・ロスの公演を見ました。終盤になると彼女が疲れ、声も絶え絶えになってきた。でも、そこで初めて生身の人間が見えた。『がんばってるなあ』と引き込まれ、僕もそうありたいと思いました。間違えたっていい。つつがなく終わる公演より、生のよさを伝えたい」

「そりゃ体は重いですよ。走っても、きっと格好はよくない。でも、ぶざまでもがんばっている姿は感動を呼ぶと思うんです。僕はね、太ったとか、やせなさいとか言われるのが一番嫌なんです。僕は天の邪鬼だから、太って嫌われるなら、それだけのものじゃないかと思ってしまう。人間は変わっていく。誰もが老い、朽ちていくんです」

kimiko

| | コメント (0)

名古屋

はい、二階後ろの席でーす!

kimiko

| | コメント (0)

週刊朝日の記事より

2001年1月のインタビューから

一時代を築いたが、80年代半ばには人気に陰りが見える。90年代にはテレビ出演を控え、過去のヒット曲の映像も封印した。筆者は01年1月にインタビューした際に尋ねた。なぜテレビに出ないのか、と。

「一つには自分に鮮度がなくなったこと。宿命ですよね。もう一つは、出たい歌番組がなくなったこと。どの番組にもお笑いの人がいて、歌うというよりしゃべりに行く感じ。『本音はどやねん』『ちゃいまんねん』とか言いながら、急にまじめな顔して歌う。そんなんのためにテレビ出演という椅子取りゲームに加わるのはやめようと」

――ヒットを生むためには出演したほうが得策では。


「僕は自然に売れるのを待つ。『売れた』というのは結果論でしかないんです。作為的にドラマやCMの主題歌にしてもブレークするとは限らない。以前はプロジェクトの歯車の一つでした。たとえば、阿久悠さんが強烈な詞を書き、大野克夫さんが負けじと派手な曲をつける。僕が『そうきたか!』と衣装や演出を考える。今は自分の好み、音楽的志向で当てたいんです」

――かつては「スター」と呼ばれました。

「スターって簡単になれるものじゃないし、簡単に陥落するもの。それをわかっている人がプロだと思う。今の僕は、そういう存在を求められていないような気もする」

 その後も自分の音楽的志向を貫く。テレビやレコード会社の束縛がないから、自分で新作をプロデュースできるし、護憲や反原発の歌を歌うこともできる。

 中止騒動の喧噪の中で、公演でヒット曲をやらないことを問題視する指摘も出た。本人は、先のインタビューでこう語っていた。

「現役である以上、今の僕がどういう歌を歌いたいのかを見せたいし、聴いてもらいたい。コンサートに来る人も多くは同類だと思っています。ヒット曲をやっても大した反応じゃない。とくに東名阪のファンは、僕が何をやってもついてきてくれる」

――懐メロ歌手にはならない、と。

「それをやると肉体的に楽でしょうけど、精神的にはしんどい。絶対そう思う」

 特別な例を除き、近年の公演では、著名な曲は数曲しかしない。ファンは先刻承知で、むしろ「アルバムの隠れた名曲を聴きたい」との声も少なくない。

「腰の痛みが治らない。仕事柄、耳も心配です。体力的にいつかバラードしか歌えないときがくる。いずれはギター一本で静かに歌うスタイルにするつもりですが、がんばれるうちはがんばりたい」


kimiko

| | コメント (0)

はじめの頃

Windows95の時代に私が『沢田研二の世界』を立ち上げた。
その時、Julieファンは、JML(ジュリーメーリングリスト)に集った。

その瞬間はみんな同じ気持ちであった。

段々と、誰の情報が多いか、
誰の、Julieへの想いが熱いか、

それぞれにグループ化していった。

別にそれは悪い事ではなく、発展していく上では必要な事だったと思う。

私はその中で生涯、気持ちを分かち合える人と知り合った。
この事が最大の喜びだった。

そのうちブログが出来、Twitter、Facebookが登場した。

私も本を出版したりTVに出演したりした。

基本は変わっていないのに、周りの環境ががらっと変わったように思う。

WEBという空間に私の文章を残したい、という気持ちだけで書き続けてきた。
それが現実のものとなり、書籍化されるというおまけも。

これからも、発信し続けるであろうし、Julieへの愛は変らない。

Julieだから、ね。

| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

寒かったり、暑かったり。。。

でも夏に戻るわけではないのです。

当たり前だけど。

Julieはもう、お正月の準備を始めるのかなあ。
と言う私はすでにお正月飾りを用意し、クリスマスのシュトーレンも作ったし。。。
おせち料理は頼んだし。

あとは、お餅かしら。

違う、お正月のチケットだわ。

| | コメント (2)

週刊朝日

Image0_20191213213801

 

kimiko

| | コメント (0)

コレクションより

Image0_20191213074101Image1_20191213074101Image2_20191213074101


| | コメント (0)

トークショーで流した曲

Image0_20191213065501

『外は吹雪』
『アンドロメダ』
一部と二部の間に
『誕生日』
他には
『今、僕は倖せです』
『GS i love you』を流しました。

さらにMAXの生歌で
『BOY~少年に帰れ~2019』
『イノセント』をご紹介しました。

| | コメント (0)

耳ツボ

先日、耳ツボをマッサージしてもらい、小さなチタン?を貼ってもらいました。
良い睡眠を、というおまじないのつもりでした。

元々ショートスリーパーで、2時間置きに目が覚めるのですが、最近はぐっすり寝て
目が覚める、ようです。
睡眠の深さがかわったように思います。

パッと見は小さなピアスのようなものも貼っていますが、気のせいなのかもしれませんが
少し、楽になったように思います。

気はココロでしょうか。

Julieって夜はぐっすり眠れているのかなあ。

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

私の基本

匿名は嫌いだから、名乗ります。
もちろん、年齢性別も公表します。
自分の書く言葉に責任を持つ為には必要だと私は思います。
例え、後ろ指をさされても、隣りで聞こえるように噂されても、毅然とした態度でいます。
自分に自信を持って生きていきたいから。

間違える事もあります。
間違えたと思ったら、謝ります。

お互いに顔が見えるほうが良くないですか?
あくまでも、私の気持ちで、人様に押し付けようとは思っていません。
私の生き方です。

kimiko

| | コメント (2)

生涯現役!

歌手沢田研二に定年はない?

となると、ファンにも、定年はないのかな。

引退する人も、いるけれど
ジュリーは死ぬまで歌い続けるであろうから、
と、なるとファンである私も生涯現役か?

定年とか、そんな事を考えた事はなかったけれど。
私の現在の仕事(一応、これでもOL)も、私がやめます、と言わない限り働く事が出来る。

それこそ、どっちが先にくたばるか?なのかな。

生涯現役と、今さら宣言しなくても、いいか。

kimiko

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

確認しました。

今週の金曜日か来週月曜日には、チケットを、発送するそうです。

kimiko

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

あるCDを、聴いた途端に

ジュリーへの盲目的な愛を止める、というのではなくて。
あるCDを、聴いた途端に、心臓を鷲掴みされたようになったのです。
ジュリーのCD以外を聴く事自体、とても珍しい事ですが、たまたま聴いたのです。
歌唱力といい、何もかも胸に響いたのです。
3曲入りシングルでした。毎日、それこそ朝から夜中まで聴いていました。
涙が止まらなくなったり。
ジュリーの歌は、その時々によって涙する曲が違うんです、私の気持ちによって、変わりますが、そのCDは、ともかく涙が止まらなくなるのでした。

私にとって、圧倒的な歌唱力に思えたのです。
ジュリー以外の人のライブを見てみたい、と思ってしまったのです。

それこそ、そういうライブに行く事は、あり得ない事だったのに、聴いてみたい、と。
ジュリーの歌と比べるのではありませんが、その歌声に浸っていたいような。
ジュリーの歌声とは全く別物です。何故、惹かれたのか未だにわかりません。
ストンと落ちてしまいました。


kimiko

| | コメント (4)

もうすぐ、ですが

どんな席なのか、今が一番、良いですよね。

手元に届くと現実が・・・・

いや、どこの席でもいいんです、歌さえ聴こえるのだから。

健気なわたし・・・・・・・・・

| | コメント (1)

2019年12月 9日 (月)

ジュリーへの愛

私は、ジュリーへの愛を純粋培養してきました。
それが正しいと思ってきたし、今でもそう思っています。

最近、「俯瞰」という言葉を目にしました。

今年になって、ふと「コアではないファンの人」の話に耳を傾ける事がありました。
その時、私の中で何かが弾けたように思いました。

純粋培養してきたからこそ、『沢田研二大研究』という本を出版する事が出来た、今までやってきた事は、何一つ間違ってなかったと思っています。

でも。
別の方向から見る、と言う立ち位置があると気がつきました。

私は何でも許すと言う盲目的なファンだったかもしれません。
昔、広島時代に、「スタッフの立場で」と言われていました。
コンサートのロビーでパンフレットなどの販売のお手伝いをしましたが、その後はファンとして客席へ。
スタッフの立場、を理解しようと思わなかったのかもしれない。

当時、そして20年くらい前に「ファンが沢田を甘やかしている」と言われました。
甘やかして何が悪いの?と反発を感じたりしました。どーやったら、ジュリーに物申せるの?とも。
でも、今頃になってその言葉を重く受け止めています。

『俯瞰』
広い視野で見る
客観的に見る

今日、仕事をしている時にその言葉をふと思いだし
もの凄く実感しました。

私に欠けていたのが客観的に見る、という事でした。

盲目的に愛してきたからこそ、それにようやく気がつけた、と。52年もかかったけれど。
ジュリーが何をどう考えているのかは、全く想像する事しか出来ませんが、これからは違う方向から見て行きたいと思っています。
まだ、間に合うかな。

kimiko

| | コメント (6)

2019年12月 7日 (土)

本音を言えば

苦しくて投げ出したい事もありました。
でも、今更辞めるわけにはいかないから。


kimiko

| | コメント (0)

お正月

Image0_20191207140701

kimiko

| | コメント (0)

お正月のチケット

まだかな、まだかな?

kimiko

| | コメント (2)

久しぶりに

ヒット曲について考えることになった。

考える、というのか、みんなが思うヒット曲がそれぞれ違うということを実感した。

例えば
危険なふたり
勝手にしやがれ
TOKIO
あなたに今夜はワインをふりかけ

枚挙にいとまがない

B面の曲で好きな曲もたくさんあるし
どんな曲だったかすぐに思い出せない曲もある。

ジュリーがヒット曲を歌う、と言うのは
テレビ局で何度も歌った曲、かな
ジュリーが好きな曲は、ヒットした曲、と言う。

ヒット曲が
一人歩きしてる。

kimiko

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

男性ファンの言葉

「もっとヒット曲を、歌ったら良いのに!」とゲストの藤原MAXまさのりさんの弁。私達みたいな、コアなファンではない人のお話はなかなか説得力がありました。綺麗な声が魅力的、反原発もよく分かるけどジュリーにはそうではない歌を、とそんな風にも。一直線過ぎる私には、眼から鱗で刺激されました。
パターンを変えるのは大変かと思いますが、「今のジュリーではもったいない!」と。

https://max-music-factory.wixsite.com/maxrock

 

kimiko

| | コメント (2)

いつも

https://www.sankei.com/smp/life/news/191203/lif1912030015-s1.html
良い意味で、先駆者でしたから。
kimiko

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

ああそうだった

Image0_20191203203801

12.3
ジュリー祭りの日だった!

| | コメント (0)

まだありました

Image0_20191203202301Image1_20191203202301Image2_20191203202301Image3_20191203202301Image4_20191203202301

kimiko

| | コメント (0)

トークショー

Image0_20191203001401Image1_20191203001401Image2_20191203001401Image3_20191203001401

ご参加いただきありがとうございました。

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

また、いつか

Image0_20191202060001



| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

風邪をひいたかな

走り過ぎて、息切れしたか
もうビタミンJ欠乏症

kimiko

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »