« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

週刊現代

今日、発売の週刊現代。
渡辺音楽出版の木崎さんとの対談。
♩時の過ぎゆくままに

比叡山フリーコンサートの話まで!
なかなか、面白い記事。

当時、取材で毎日のようにスタジオに通っていた人から、久世さんのジュリーへの愛情を伺った事がある。
羨ましかったなぁ。

| | コメント (0)

中国新聞社ビルにて

お誕生日の集い(23歳)

ジュリーから、
「みんなと握手したい」と言ってくれて実現しました。
私はジュリーの横に立って、ジュリーがファンのみんなから受け取ったプレゼントを受け取り、そばの机の上に置いてました。

さらに、そのプレゼントを箱に詰めて、東京へ送ったのでした。





| | コメント (0)

また、雨が

先ほど、一瞬晴れたのに、また雨が降ってきた。
午後まではこんな感じなのかしら?
今日は、秋田市文化会館です。

| | コメント (0)

RAM 1997年

 

関西人はレゲエ、あまり聞かないんじゃないかな・・・。ってことはないかな。 だからといって関西人好みのブルースも特に好きってわけじゃないんですよ。

 

新作♪サーモスタットな夏♪のキーワードは2つだ。

 

・シュールな歌謡曲であること、・ギター・サウンド中心であること。

 

全くシンプル。しかもセルフ・プロデュースとなった前2作(1995年12月の♪SUR 1996年9月の愛まで待てない)リリースの際にも沢田が口にしていた言葉だ。

 

別に新奇なことは何もない。というより目新しさを追うことなどに、この人はハナっから興味がないのだ。

 

『結局、自分ができることを思いっきってやるってことに尽きるんですよ。新しいサウンドなんて言っても、僕みたいに長くやっていれば、へぇ、そんなのが新しいのってことがたくさんあるわけで、巡り巡ってまた戻ってくるだけの話なんですよね。』

 作曲陣のなかには、ザ・タイガース時代からの旧知・芦沢廣明もいれば、今をときめく朝本浩文、藤井尚之も含まれる。もっとも朝本は、89年のツアーに参加してもらって以来の付き合い。UAの『情熱』以後の参詣客とは、わけが違うのである。 

 

『でもねえ、朝本くんが、持ってくるデモ・テープの仮アレンジはレゲエになっていることが多いんですよ(笑)。』その朝本が曲を書き、沢田が作詞した『PEARL HARBOR LOVE STORY』は、アルバム中、最大の注目作だろう。

PEARL HARBORは、言うまでもなく、ハワイ真珠湾のことであり、

 

歌詞に出てくる12月8日という日付はあの戦争が始まった日時を指す。

 

反戦歌なのか?違う。 

では、甘美で哀しい恋歌なのか?だけでもない。

 

『ま、あんまり説明してもしかたがないんじゃないですか。曲を聴いてこういう物語が浮んだと、それくらいにしときましょうよ。』

 

ひとつだけ豆知識を加えておくと、この歌の主人公・マコトは沢田が主演した79年の映画『太陽を盗んだ男』の主人公と同じ名前である(曲の解釈とは無関係)。

 

 

 

 このアルバムが発売される625日は、沢田の 49回目の誕生日だ。

 

ライブのMCでも、年齢のことはしばしば、話題にする。 

 

『そんなこと言わなくってもいいだろうって? でもこの齢にしては頑張ってるぞ、って自負と頑張ってもうじき50なんだよって、現実と両方わかっておいてほしいんですよね、お客さんには。ステージでやたら走り回るのは…。無理しているわけじゃなくて、あれくらいやらないと、気がすまないんですよ。』

実際、あのステージを体験すれば、『課長、バンドやりませんか?』などとは、気軽に言えないというものである。

『これは売れると思って、レコードを作ったことはないですけど、売れなくてもいいと思ったら、ダメ。地道に俺は毎年作ってたんやぞーって、言いたいわけですわ(笑い)』淡々とした口調でジュリーはそう言う。その柔らかい言葉の陰で、ほんの少し刃(やいば)が光ったような気がした。

文:大須賀猛

| | コメント (0)

ディナーショーをしない理由のひとつ

ディナーショーはしない主義だとか。

客の要求がタイガース時代のヒット曲だと分かったからだ。

「何をしても,歌手のジュリーだと言われるのは仕方がない。でも、ナツメロみたいに過去だけを求められるのはいや。現在の姿、前向きの自分を見てほしい。」

1995年4月12日朝日新聞より

| | コメント (0)

『かもめ』のころの事です

『かもめ』は暗い、重くてはじけない劇なんですが、どっかではじけたい。

かために、と言われるけど、クスクス笑わせたい!と探してやるんですよ。

ナマだから毎日違っちゃう。

きのうは感じなかったところが、きょうは、ジーンときたり、1ヶ月稽古をしてもなんとも思わなかったセリフが、あ、これ面白いセリフだとか、こんな芝居だっけと発見したりするんです。

1994年

| | コメント (0)

肺活量で

褒められました。
3400ccちょっと。
年齢、性別の予測値より138%
嬉しかった。

| | コメント (0)

平成4年6月16日スポニチより

MUSIC  Beautiful World

沢田研二;阪神タイガースの久々の快進撃と ともに『眠っていた元タイガース』もようやくお目覚めになったようだ。
最新アルバム♪Beautiful World♪ は、これまでの不振をまとめて帳消しにする会心作。
当たり前だけど、やっぱりジュリーは、スーパー スターだったんですね。
私見を言わせてもらうならば、『変調』は渡辺プロの後輩、吉川晃司の 台頭からだったような気がする。
『若さ』への過剰意識が、スーパースターを狂わせたようで、ムリ ムリの8ビートで、ムリムリのシャウトしたり、マニアックなクルト・ワイル作品に挑戦したり。
『外野』からは、やらなくてもいい試行錯誤にしか見えなかったのだが…。

しかし案ずるより 産むが易し。
覚和歌子が全作詞を手がけ、今一番ノッて来た、楠瀬誠志郎ら8人が参加した今回の アルバムは、初夏のようなさわやかさ。
肩の力の抜けたジュリーの自然体が実に心地いいのである。
昔は好きだったけど、最近はキライになっていた人に、超おススめの一枚だ。
;石山 裕(H4.6.16  スポニチ)
なかなかの記事でした。

| | コメント (0)

かつてのLIBERTY

なかなか、よいお話。

| | コメント (0)

美しき歳月

沢田研二は一本の樹である。

女たちは彼を仰ぎ見てそして、微笑む。

女たちは彼を求め、その手にひとつぶの糧を得る。

女たちは彼を遠くで祈り、そして風を聴く。

女たちは彼のもとに眠り、そして夢を見る。

女たちは彼を愛し、そして歳月を見る。


私は沢田研二にふたたびかがやかしいステージが帰ってくることを予言する。

なぜなら、彼は天上の気配をその枝先に触れたスーパースターという名の樹だからである。

ずっと沢田研二を仰ぎ、求め、祈り、夢見てそして、愛してきた女なちは しあわせである。

なぜなら、その樹にしか天上を触れるような見事な時間は宿らないからだ。ざわめく葉音が私たちの耳の奥に今静かに聞こえはじめている。  


伊集院 静(1991年11月10日 BS2 沢田研二スペシャル・美しき時代の偶像 美しき歳月より) 

| | コメント (0)

1991年週刊朝日に

生意気

「いまがあるのは、現実の仕事に対処しながらも、違うと思ったことには、決して諦めずにものを言ったり、行動してきた積み重ねだと思うんですよ。

いくつか挫折のようなものもあり、自分自身でもそれを無駄にはしたくないと思ってきたし。だから、かつてはコンサートに初めて来てくれた人達にも嫌われたくないみたいな気持ちがあった時期もあったけれど、いまは5年かかってもいいからスタッフと一緒になって、自分たちがよいと思ったことを、そして刺激のあることをお客さんに押しつけていきたいと思っています。

本心をいえば、人気がなくなったらどうしよう、と考えたりはしますよ。だからといって、それを恐れてはいけないと思う。いろいろ誤解されたり、生意気だって言われたけれど、生意気だということはいいことだって言いたいなあ。」  

| | コメント (0)

everyday joe

かまやつさんの曲でしたね。
終わったら堯之さんの曲がかかるし。
ステージの半分には、堯之さん、加瀬さん、かまやつさん、久世さんが来ている、
なんて言うJulie.
その気持ちが最高です。

| | コメント (0)

ISONOMIYAでも

視線が来たなぁ。

前の男性、背が高くて、見えにくくて。
ちょっと居心地が悪かったかな、私。

薬が効いてきた、痛みも和らいだので、おやすみなさい。

| | コメント (0)

私の不具合

始まる前、お茶していた時の事、急に右耳がズキンズキンと。
たまにあるのです、外耳炎なのか。。。
でも、コンサートが始まると痛みはなくなったので、安心しましたが、
帰りの電車の中では、またズキンズキン。
今も痛みがあり、痛み止めを飲んでいます。
どうしたのかな、Julieの顔を見れば痛みはなくなるのかなあ。

| | コメント (2)

ロイヤル・ピーチ

ロイヤル・ピーチ
勘違い、来ました。

| | コメント (0)

勘違い、ばかり!

途中で、掛け声が。

最後にジュリーがひとこと。
『客席と喧嘩しても良い! 係りの人を呼びましょうか』

| | コメント (0)

良かったです

あなただけでいい
我が窮状

勘違い光線、きました!

あなた、は作詞あり

| | コメント (0)

外です

風景です。
入りました。

| | コメント (0)

ならんでます

凄い人が並んでます。
そろそろ、開場かしら。

ドキドキ。

| | コメント (0)

1990.2.15

1990年2月15日号デューダに載ったインタビューより。
「ぼくの昔からのファンがもっとやせてくれ、美しいっていうことがあなたにとっては、かけがいのないことなんですなんて言われるんです。バカかぁ、なんて思いますね。昔はがりがりにやせすぎていたんです。今はもっといいものを食べたいですよ。おいしいものをがまんしてまで売れたいとは思わない。売れなくてもいい。バケモノになって化けて出てやるなんてね。」
今、まさに実行されています。

| | コメント (0)

来たよ

やっぱりね。

八王子って3階があるのね。

| | コメント (0)

ダメにしているのは

私が師匠と仰ぐ、年下の友達曰く
『40年くらい前、一番追っかけをしていた時に
沢田をダメにしているのは、ファン。甘やかし過ぎ、とよく言われた』って。
なんだかわかる気がする。
私はいわゆる追っかけは、していないけれど。
Julieに対して、色々思って言葉にしてみても、Julieにしてみたら、すべて織り込み済みで。
そんなことはわかってる。
聞く耳を持たない、というか、そんな事よりもっと先を見ていた。
でもね、甘やかしてると言われても、
Julieはダメになっていないし、50周年も過ぎたし、
ファンはダメにしていないし。
ダメってどういう事を言うのかしら。
こうなれば、とことん、ついていって、ダメにしてみたいと思ったりして。
危険なファン心理かもね。

| | コメント (0)

太陽を盗んだ男

台本















| | コメント (0)

キネマ旬報8月号

Taiyo
1位 ですって。

| | コメント (0)

御苑前にて







大好きな人たちと楽しい食事をしました。
猛暑で37度?の中、
久しぶりの再会の場に立ち会えました。

人生、何が起きるかわかりませんね。



| | コメント (0)

本多の森ホール

一列は14席しかない会場だったのですね。

| | コメント (0)

ファンのプロに!

昭和62年、横浜のステージより

『・・・マスコミなどに躍らされて動揺したり、陰険な手紙をよこさずに、

自分を信じなさいよ。マスコミを信じるか、好きな人を信じるか、どっちを

取るかって言ったら、決まっているでしょ・・・。何年、ファンやってんだ、

どうせやるなら、ファンのプロになりなさい。』

| | コメント (0)

ディナーショー

『ロックだから、食べながら見るようなステージじゃないでしょう?』
と、1983年頃、文化放送の「テクギン・サウンドスポット」より

| | コメント (0)

真駒内オリンピックスピードスケート場

昭和47年 札幌サマーカーニバルで。
ジュリーは4曲歌ったのでした。

| | コメント (0)

遅れています

8月のチケットの発送が遅れているようです。

25日の八王子だけ待ってる私ですが、澤會に問い合わせしたら、来週発送予定
8月上旬のチケットは18日に発送されたそうです。

来週には届きますね。

| | コメント (0)

3.11

西荻Terraで、まさか最後のライブを観る事になろうとは!

| | コメント (0)

ギター・マガジン 8月号

 
Takayuki

| | コメント (0)

ギター・マガジン8月号

読売新聞の取材に協力していただいた中村俊夫さんが
ギター・マガジンの井上堯之さん追悼特集に5ページほど寄稿されています。
もちろん、ジュリーとの事も書いてあります。






| | コメント (0)

ライバル?



| | コメント (0)

西日本豪雨被害について

昨日、JR西日本の記者会見がありました。
鉄道の再開見通しですが、山陽本線は11月にも。
呉線は途中までは11月ころ。
完全復旧には1年以上かかるかもしれないのは芸備線。
橋脚が流されていますから、仕方ないですが、平常に戻るのはまだまだ先です。
私が利用する可能性があるのは呉線ですが、こちらも11月ですから・・・
前を向いて、歩いていかなきゃ、ですね。

| | コメント (0)

雨だれの挽歌

ずっと、リフレイン中♪

| | コメント (0)

雨です!

会場を出たら、真っ黒い雲が。
雨が降ってきました!

| | コメント (0)

終わりました

私に、余裕がありました。

| | コメント (2)

曇り空

結城は曇り空、でも日差しもあり
ともかく、暑い。

まだ早い。

| | コメント (0)

ランチ











| | コメント (0)

暑くて

エアコンをつけっぱなし。
ここから出ないと、ジュリーに会いには行けないのだ。

| | コメント (0)

三連休、結城です

日にちの観念がなくなっていて、今日は三連休の最終日。
結城市民文化センターアクロスへ行きます。
暑い暑い1日になりそうです。
熱中症にならないように気を付けて、行ってきます。
ようやく正面?から、道化師の衣装を確認できます。

| | コメント (0)

衣装の事

後ろから見ただけですが。

真っ先にハイソックスが目に入りました。

さらに、小僧のあたり、とても白くて。
手品師?の様子は次回、確認します。

| | コメント (0)

雨だれの挽歌

これを歌ったあの時の様子がまざまざと思い出されます。

| | コメント (0)

サーモスタットな夏

♪マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!






| | コメント (0)

讀賣新聞の効果、でしょうか・・・

今回のツアー初日のアクセス数が、それこそ半端ない数字で、私はびっくりしました。
それ以降も、アクセスが通常以上です。
やはり讀賣新聞の効果でしょうか?
これからもこつこつと私のやり方で、やっていきます。
それがいいね、と思われたら、また来てください。
 

| | コメント (0)

Julieじゃないけど

人の目を気にして、言いたい事をいわないできましたが、私もはっきり言う事にしました。
人からは、良く思われたい、嫌われたくない、という自己防衛の気持ちはもう捨てます。
私は私なのですから、それが人と違うからと言って相手に迎合する事はしません。
 
 

| | コメント (0)

色んな考えがあるでしょう

私が一番嫌いなのは、否定的に考える事です。
色んな事を人は、想い、考えると思います。
自分と考え方が違うからと言って否定するのは、いかがなものでしょうか。
相手を受け入れるかどうかは別として、
その存在を否定する事はできないと思います。
いやだと思うなら、近寄らなければいいのです。
そう思います。

| | コメント (0)

どうして

そう、思うのだろう。
悪意がある、とか
なぜ、そう、思うのだろう。

相手を疑ってかかる?

信じる事は良くないのか?

いいじゃん、好きなんだから。

| | コメント (0)

便箋で!

岡山のチケット、払い戻しか振替に!!
どうすればいいのか
それを考えたJulie。
即決だったのでしょう。
今回の豪雨被害にあわれたかたで、これから行く予定のコンサートのチケットが流されたという事もあるのではないかしら、とふと思っています。
もちろん、コンサートどころではない、という事も重々承知しています。
一方では、災害の被害を憂い、
一方では、Julieに会いに行く事を想い、
ココロが乱れるような毎日を過ごしています。
実際に被害に見舞われたかたにとっては、そんな事を考えることより
今の、目の前の現実を受け止める事すら、難しい事でしょう。
希望を持って、ココロがくじけないように過ごしていただきたいと思います。
岡山のコンサートを楽しみになさっていたかた、
Julieの気持ちが一刻も早く、届きますように。

| | コメント (0)

さすがです!

返金されますね

やっぱり、ジュリーでしたね。

| | コメント (0)

XSは

会場のみで、販売してます。


| | コメント (2)

昔の記事です。

すでに、2010年3月10日の記事は検索できませんが。
切り抜きがあったと思うのですが、見つかったらアップします。。。
いつ出てくるかしら?

| | コメント (0)

インフォメーションが

届きました。
名古屋と浜松、追加です。

| | コメント (0)

取材に関して

通常、ツアーの初日には、数社の新聞記者が来て、写真撮影をし、記事が載ってきました。
でも、今回は1紙もなし。
取材先を招待しなかったのか、と思いました。
今回は、本当に『冒険』ですから、それに関して、余計な詮索をして欲しくなかった?
などと私なりに想像しています。
招待したのに、それを拒否した、とは思えないのですが。
あくまでも私の想像の域を出ません。
ただ。
週刊朝日の編集長がJulieファンだった、と判明?しました。
友達からの情報ですが、今週の週刊朝日の編集長後記に短く書いてあったという文章がとても印象的です。
次回は、必ずいらっしゃる事でしょうね。

| | コメント (0)

週刊朝日の編集長後記

お友達の、ハンさんに教えてもらいました。

今週の週刊朝日の編集長後記より。
大好きな歌手、沢田研二さんの武道館公演に行くはずだった6日。オウム一斉死刑で仕事が増えて断念。編集長は男性です。

週刊朝日ここには載っていません。
実物は、まだ確認していませんので、ね。



| | コメント (0)

広島だけじゃなく、みんな!

カープ応援団

| | コメント (0)

ユニオン

ユニオン音楽事務所

| | コメント (1)

岡山

シンフォニーホール
準備中



| | コメント (0)

JR西日本 在来線運行情報

新幹線は動いても。
在来線は運転取りやめ。
高速道路、国道も通行止め。
会場までの足の確保が難しいようです。
 

| | コメント (0)

雨だれの挽歌

探偵

あのバーの場面を思い出しながら聴いていました。

| | コメント (0)

ご来場お待ちしています

岡山

いらっしゃる方、十分に気をつけてお出かけ下さいね。

| | コメント (0)

伊藤銀次さんの感想です

銀次さん

ブログが更新されました。
「沢田さんに誘われて打ち上げに行ってきます。」と
連絡をいただきましたが、
そのお話です!

| | コメント (0)

Tシャツ

Atarasi_2
今回のTシャツを見て、この絵を想像しました。
同じシリーズかなあ???????
色調といい?

| | コメント (2)

たくさんのアクセスがありました!

今朝、思わず二度見してしまいました。
いつもの4倍のアクセスがありました。
これは讀賣新聞効果かしら、なんてね。
でも、スポーツ紙に掲載されていないのです。
衣装をカラーで見たいなあ、と期待していたのですが。
着替えた衣装が、とても素敵で、スコットランドのチェックのスカートを穿いて
そのふくらはぎが細くて、帽子が素敵だったし・・・
最初のピエロの衣装ははキラキラしてましたが。

もしかしたら、招待状を出さなかったのなかあ、と思ったりもしました。
午後になってアップされるかもしれませんが。。。。。。。

| | コメント (0)

通信販売!

Tシャツの通信販売、あります。




| | コメント (0)

セトリが

張り出してありました。

帰宅したら書きますね。

| | コメント (2)

終わった

感激!

| | コメント (5)

ほぼ埋まりました

始まります。

| | コメント (0)

広いステージです

依知川さん、銀次さんがいらしてます。

| | コメント (0)

え!

二人?

ドラムも
キーボードもない

マイクは二本だけ!

| | コメント (0)

一番前に

並んでます

| | コメント (0)

買いました。









| | コメント (0)

Tシャツ

1枚3500円 今日は2枚まで、ですって。

| | コメント (0)

Tシャツ売り場に並んでます






並んでます。

| | コメント (0)

BSジャパン




ジュリーのメドレーも?

だって。

秘蔵映像?

| | コメント (0)

ツアーTシャツ!



場外テントで本日15時より販売するそうです。




もちろん、雨天決行です。


数に限りがあるので、今日、買えないかもしれませんが、ま、いつかは手にできる事でしょう。




『古稀!』とか、書いてあるTシャツだったりしてね。^^




| | コメント (0)

雨ですが

昨日、雨があまり降らなかったので、今日に期待してのですが。。。
今は雨が降っています。
もしかしたら、夕方には小雨になるんじゃないかと期待しています。
朝から色々予定を入れたので、時間刻みのスケジュール?になってしまいました。
怪我をしないように、行ってきます。
あ、まだ出かけませんが。。。

| | コメント (0)

雨が降ってる

日付が変わってから、ずっと雨が降ってる。
夕方には一瞬、止むのかなぁ、と淡い期待。

| | コメント (0)

武道館へ行ってきました!

九段へ行く用事があり、帰りに武道館へ。

静かな武道館でした。


















明日は凄い人だろうな、と思いながら。

| | コメント (0)

思いがけず

びっくり。
ネットで見かけた本の事。
つい先日、その本を基に、ああだ、こうだと話したばかりだったのです。
だから、何?というわけではないのですが。
ああ、ついに明日になりました。
今から何も手につかない感じです。
さあ、今夜は前祝か?なんてね。

| | コメント (2)

試作品




Will be just like Vasco da Gama.
2001

| | コメント (0)

朝早く、目が覚めて

2時半に目が覚めました。
武道館が気になって・・・
ネット検索するとぎっしりのスケジュールにびっくり。連日、コンサートなどがあるのですね。
それにしても際立つのはJulieのチケット代の安さ!
6日は朝から入ってゲネプロ。
その後、本番?
今日はどんな風に過ごすのでしょうか。

| | コメント (0)

日本武道館

スケジュール(7月)

2019年1月

| | コメント (3)

太陽を盗んだ男(追記あり)

この映画はキテイフイルムの多賀さんと映画プロデューサーの山本又一郎(今トライストーン の社長)が企画して、長谷川和彦監督が撮りました。ジュリーのレコード大賞受賞した翌年の春に撮影して、春のツアーに地方に行っていて、メーデーのシーンを渋谷西武の屋上から撮りたいので帰って来れるかとのこと。たまたま5月1日が移動日だったので帰って撮影に参加した思い出があります。

森本さん談

追記

頭が菅原文太さんバージョンと沢田研二バージョンの2種類のポスターを作りました。主役は見た人は分かると思いました!

森本さん談

| | コメント (0)

結城も!

武道館の事で頭がいっぱい。
何を歌うか、とか想像も出来ない。

そのあとは、東金だと思ってたら
チケットを確認したら、結城のチケットもあった。

先日、結城行きの話をしたばかりなのに
すっかり忘れてた。

三回も会えるわ。

| | コメント (0)

写真




先日からこの写真が出しっぱなし。
大野さん、尭之さん、キヨシ、佐々木くん、
三上ちゃんもいる。

フラフラ、の時かなぁ

| | コメント (0)

台風の行方

日本海を進むみたいだけど、雨なんだよね。
うーん

| | コメント (0)

つかの間の夢・・・

2-0でえ~と思った。
その得点シーンは、残念ながら見ていなくて。。。
前半を終えて0-0だったところから見ていたので。。。
もしや、という期待もあった。
でもあっという間に同点になって。
それだけに、アディショナルタイムの失点は残念。
悪評を覆しての活躍。
今は、ありがとう、と声をかけたい。
きっとJulieもそう思ってる、かな?
いや、厳しいコメントがあるのかな?
って、ことで武道館まであと3日。

| | コメント (0)

いくら頑張っても

きっと寝ちゃうだろうから、もう寝ます。
おやすみなさい。

| | コメント (0)

台風がやってきてますね

暑いです。
週末には戻り梅雨?との、予報も。
戻って欲しくないですねえ。
 
Julieって、雨男だったっけ???
晴れ女のJulieファンもいっぱいいる、と思うのだけどね。

| | コメント (2)

1987年秋

横浜でのコンサートMCより

マスコミなどに踊らされて動揺したり、陰険な手紙をよこさずに自分を信じなさいよ。マスコミを信じるか、好きな人を信じるか、どっちを取るかって言ったら決まっているでしょ?何年ファンをやってるんだ。どうせやるならファンのプロになりなさい!

| | コメント (0)

差し入れを

1984.4.6
広島郵便貯金ホール
差し入れを誰に頼もうかと思っていたら、ロビーに吉田建さん登場で、思わず頼ってしまった、らしい。
私の記憶からすっかり抜けていたけれど。

「うん、いいよ。で、ジュリーに何と言えばいいの?」と建さん。

| | コメント (0)

ざこばさん

ナイトスクープ
収録が行われたそうです。

復帰、おめでとうございます!

| | コメント (0)

夏バテしません!!

今年は早くも夏が来ました。
7月6日の武道館目指して、体力をつけて夏バテしないと誓います。
みなさんも、ご一緒に!
水分補給が大切ですね。

| | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »