« 真ん中ブロックは | トップページ | 今回のツアーが終わったら »

読んでますよ

『笑ってくれと言えばニコっとするし、握手をしてくれと言えば握手をする。ファンが喜ぶ事ならなんでもしますよ。ファンとはそんなものなんですよ。』

そんなお気持ちで淋しくありませんか。

『淋しくないですよ。僕を理解して貰おうと努力していた時のほうが淋しかった。
でも分かって貰えないと思ったから、ファンが喜ぶ事をすれば良いという気持ちになったんですよ。』
『良い事だと思って行動している事もことごとく悪くはね返ってくるんですよ。』

JFCの会員だった方が、ジュリーの態度を
冷たい、と手紙を、書いたと言う事があった後での、インタビュー。

『でも、僕ね、この会報を読んでいて少なくとも僕を理解して下さっている方達がいると言う事でなぐさめられているんですよ。一度、皆さんともお話がしたいと思ったのですが… 僕すごく淋しかった。会報を読んでいると気持ちがほぐれて…』静かに話すジュリー。

『冷たい、ひどい、と言う前に、自分の取った行動が常識的であったかを振り返ってみてほしい。それでボックスから離れていっても仕方がないと思うんです。』

昭和44年3月13日
日本テレビスタジオにて。



|

« 真ん中ブロックは | トップページ | 今回のツアーが終わったら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 真ん中ブロックは | トップページ | 今回のツアーが終わったら »