« 永遠に | トップページ | 疾風のアラビア »

タカノリくん

くん、だなんて。
ごめんなさいね、でも30歳も違うんだから息子みたいなものですよね。
好青年でした。
なんと『沢田研二の世界』を20年くらい前から見ていた、と衝撃?の告白!
嬉しいですね、こんなに若い人が見ていてくれた、だなんて。
1998年5月からスタートですから、ほぼ20年になりますから・・・
色んな話をしました。
Julieの、あの瞬間やこのタイミングでのその時の自分の気持ちを語り、
もっともっと、Julieの魅力を発信したいと思いました。
刺激されました。
ましてや、甲府でのJulieのあのまなざしがまだ私のココロに突き刺さったままですから
1日中にやにやしていました。
一瞬ではなく、じ~~~っと。。。でしたから。
今日も、あのまなざしを、反芻しています。

|

« 永遠に | トップページ | 疾風のアラビア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 永遠に | トップページ | 疾風のアラビア »