« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

76年歌い初め

このセトリ いいなあ、と思いまます。
アクト・クルトワイル  これも好きなんです。

| | コメント (0)

なーんだ

やっぱり、撮ってたのね。

| | コメント (0)

再び、岩崎宏美さん

路線バスの旅で、
ジュリーと憧れ対談をしたら、ジュリーの手首のほうが細かった。
でも、今は骨粗鬆症らしい!

宏美ちゃんってテレビに出る度に、ジュリーの話をしてる。
偶然にも、それを聞いてる私。
きっと、そーいう運命なのね?

| | コメント (0)

公衆電話に




全員が入ってたのよね。

| | コメント (0)

大悪名!

大悪名


| | コメント (0)

明日のミュージックフェアに

ジュリーの名前が!
何の曲かしら。

| | コメント (2)

この世界の片隅に

呉が舞台の映画です。

穏やかな時間が流れていますが、戦時中の、悲しいお話です。

市内の描写には、あ、っと思わせる各所がありました。
良い映画でした。

| | コメント (0)

劇場が

サザンシアターだったら、会社終わりに駆けつけても、間に合ったのですが。
池袋はそういうわけにもいかないから。
『謎の変奏曲』は池袋のサンシャイン劇場でありましたが、それ以来の池袋。
東京芸術劇場は、宮川顕さんによる、宮川泰さんの追悼コンサートがあった場所だったと記憶しています。
さて、今回のスケジュールを目の前にして、少し悩みます。
楽しい悩み、かもしれませんね。

| | コメント (0)

東京芸術劇場プレイハウス

座席表




| | コメント (0)

シアター1010

座席表



| | コメント (0)

初日の振替

いつにしようかなぁ。

| | コメント (0)

大悪名

インフォメーション着ました。
S席12000円!
たくさん、行けないなあ。
共演者も、たくさん!

悩みます。

| | コメント (0)

考え方が変わったかな

今までも、あちこちに出かけていたのだと、思う。
でも、そこは普通の人の中で、つまりファンがいる場所ではなかった、と思う。
タローのコンサートには時々、顔を出していた、とは聞いていてけれど。
今回のように、まさにJulieファンがほぼ100パーセント?いるであろう場所に行く事に対して、余計な事を考えずに、そこに行った事で、考え方が変わったのかな、と思う。
 
普段のJulieがそこにいた。
もちろん、ファンの目を意識していたとは思うが、それより、お祝いという気持ちが強かったのかと思う。
メンバーがそろっているからこその2曲。
よかったね、顔をそろえることができて。
じゃあ、Julieの時はどうなるんだろうね。
そんな事をふと思う。
 
 

| | コメント (0)

リサイタル

40年も前。
リサイタルのチケットは、JFCの山中さんにお願いして取って貰っていた。
友の会の新井さんと親しくて、そこから。
センターの10列までの席。

贅沢をしていたと思う。

エミさんが、美沙さんとご一緒された時もそうだった。

ふと、思い出した。

| | コメント (0)

ピーは

2011年11月、あるパーティーでピーと、40分二人で話した。
すでに芸能界復帰して1年くらいだった。

タイガースの再結成前でほぼタイの活動をしていた時に、私は教員時代の話を聞いた。
普通に暮らしていた、と言うものの、その活動?行動には、ココロの奥底にタイガースのドラマーだった、という痕跡が見えた。
翌日、ピーの教え子から、修学旅行の話を聞いて、納得した。

30年以上も芸能界から離れていて、あれだけすんなりと復帰できたのは、消そうとしても消せない何かが火種として残っていた、と思う。
本人も気がつかなかった火種。
深層心理か?

そう思えてならない。

| | コメント (0)

おまけです。

色つきの女でいてくれよ

| | コメント (0)

ピー

こんな70歳。見たことある?

| | コメント (0)

コンサート

神奈川県民ホールとラゾーナ川崎。
同じ日にコンサートが重なり、コンサートの梯子。

フットワークが軽いのね。

古稀だもの、ね。

| | コメント (0)

絹の部屋

絹の部屋

サングラスをすると、ジュリーの瞳が見えない。

| | コメント (0)

タローとピー

昨日はタローの誕生日で、今日はピーが横浜でコンサート、
古稀、頑張るの、巻き。

| | コメント (0)

ジュリーだけ

サワコの朝

ヘアメイクが付いてるのは、ジュリーだけ!

と岩崎宏美ちゃん。

突然、ジュリーって言葉が出て、びっくり!

| | コメント (0)

聴きたい

悪い予感

| | コメント (0)

今夜は

子守唄になるかしら?

| | コメント (0)

季節外れの

ハイビスカス🌺







| | コメント (0)

イカ天

■26年目の邂逅から新しい物語が始まる――伊藤銀次VS吉田建、伝説の “イカ天 ”の辛口コンビが帰ってきた!

銀次さんは1980年、アルバム『G.S.アイ・ラヴ・ユー』のレコーディングに参加。ALWAYSのメンバーだった建さんと再会する。建さんはALWAYS後のエキゾティクスのバンド・リーダーとなり、1981年、同バンドがバッキングした『S/T/R/I/P/P/E/R(ストリッパー)』のロンドン・レコーディングにも同行。銀次さんもアレンジャーとして参加、ロンドン録音にも立ち会う。


この話は、銀次さんがよく話されているのですが、先日の対談で。

ロックバンドのコンサートに行った夜、ホテルに戻り、翌朝ロビーに集まったメンバーも、もちろんジュリーも、なんと化粧をしていた、そうです!

ちょっと嬉しいお話でした。
さらに、二人でライブをやろうか、という話になり、
♩晴れのちブルーボーイや♩午前3時のエレベーター
というタイトルを、私は聞きました。

近いうちに、実現するかも!です。

| | コメント (0)

レオン・ラッセル

a song for you

いつかは、誰もが…

かなしいです。

Julieに歌って欲しい曲です。

| | コメント (0)

経歴

知らなかった。

依知川伸一の経歴の中に見つけました。

1985年~1989年 『近藤真彦バンドYAMATO』
佐藤誠 (G) 宮田耕希 (G) 瀬戸谷芳治 (Key) 平石正樹 (Drs)

| | コメント (0)

広島で

9列で、見ていた私。
最初に出た時にわかった、と。
見えるんだなぁ、と実感。

| | コメント (0)

題字




題字を書いたのは?

| | コメント (0)

レコード

今日、いただきました。

























| | コメント (0)

約束

1年前の約束。
ようやく実現。

広島でも、渋谷でも!

お互いの顔がわかるって大切。
匿名だと、ね。

| | コメント (0)

こちらに

銀次さんのブログ  先日の吉田建さんとの対談の告知が出ていました。
今更、ですね。
銀次さんもとっても楽しかったとおっしゃっていました。
お代わり企画もあるようで、楽しみにしています。

| | コメント (0)

個展

 
 

| | コメント (0)

建さんと銀次さんのトークショー

駒沢大学駅近くで。

建さんとはなんと、35年ぶりの再会?の私。
休憩時間に少し話しました。

八王子のコンサートに行って、楽屋へ行ってきた。
依知川さんや、和さんに会った事を聞きました。
♩晴れのちブルーボーイとか♩午前3時のエレベーターとかやりたい、って。

銀次さんとの対談では、
『レコ大と紅白出演で、帝劇とNHKを往復するバスに乗った事があるか?バスの中で着替えた事はあるか?』と自慢話で盛り上がりました!

| | コメント (0)

なんとか

更新をして
LIBERTYも書き上げた。

ネットに書かない事も、書いた。

今日、発送準備まで出来るかしら。

| | コメント (0)

鳥塚さんも

いらしていたそうです。
楽屋に。

| | コメント (0)

大悪名

かなり地方公演もある、とか。これは未確認情報ですが。
あそこやここも???

行けるかなあ、行きたいなあ。
来年で音楽劇は店じまいですって。

| | コメント (0)

ジュリん子からのお願い

もうひとつ。なんだっけ。

| | コメント (0)

新しい始まり

だったかな。

| | コメント (0)

まだ教えない

大悪名、で音楽劇は店仕舞い。

50周年は、年をまたいでツアーをやる。

古希は6月25日に70歳になるから、その後から、ツアーがスタート?

| | コメント (0)

声は

ザラついた声が。最後は良く出てました。

| | コメント (0)

2時間半

良く喋りました。
関東一本締めで終わりましたー。

| | コメント (0)

終わった!

ジュリんこ、からのお願いが、二つありました。

| | コメント (0)

忘れてました




撮ってみました。

| | コメント (0)

着席しました。

早目に着きました。

| | コメント (0)

今日のチケット




とりあえず、1階

| | コメント (0)

晴れました!

午前中は雨、という予報でしたが、晴れました。
雲はあるけれど、雨が降らないからOKです。
千穐楽です。
わくわく、
さみしい気持ちと、
15時開場、16時開演です。

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »