« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

情熱大陸

まだ、一部の人しか知られていない頃、縁あってある会で同席した事がある銅版画家の小松美羽ちゃん。
本当は、ちゃん、なんて言ってはいけない人だと思うが、でも彼女を見ていると可愛いし、不思議ちゃんだし。

落札されて、良かった。

写真は、伊勢丹で彼女の作品の展示会があった時のもの。

| | コメント (0)

久しぶりに

食パンを焼きました。
ちょっとこんがり。




| | コメント (0)

クリスマス?

どうやら、サンタを振り落として来たらしい。

| | コメント (0)

サワコの朝

来週の予告を見たら。

マッチだった。
その映像がおかしかった。
『僕のヒット曲は1曲や2曲だけじゃないんだよ。』とファンの前で言ったら
『ヒットさせたのは、私達じゃん』
と言われた、と。
笑った~~~。
そうさ、ファンがいるからこそ、ヒット曲が生まれるんだ、と我が意を得たり!
来週も見なきゃね。

| | コメント (0)

保存が悪い!



大切にしなきゃ。

はい。

| | コメント (0)

びっくり

http://mizu-masa.sakura.ne.jp/yokkaichi/movie/sunbbs2/index2.html

ネットサーフィンしていたら、私のサイトへリンクが、貼ってあった。
びっくり!
衣笠さんの話題でした。

| | コメント (0)

夢の中で

ジュリーに、会えた。
二言三言談笑して、舞台へ。

さらに、このアルバムを見て。
これを舞台に持って行きたい、と。

中川さん所有のアルバム。

いつ、返しに来るのかしら。
また、夢を見なきゃ!


| | コメント (0)

さすがに

まだ、チラシは置いてなかった@サザンシアター

| | コメント (0)

本日は

母の命日です。

2010年の今朝の事でした。
お墓詣りに行かなきゃ。

| | コメント (0)

再演!

http://www.co-colo.com/butai/2016/2016-akumyo01.html
悪名

見逃しておりました!



| | コメント (0)

タイガース

http://www.tapthepop.net/day/20701#bmb=1
去年も紹介したかしら。

| | コメント (0)

朝です。

月曜日だから、目覚ましが鳴るよね。でも、まだ起きなくて良いね。外は寒そうです。結露が凄い!

| | コメント (0)

残念!

遅いお昼ご飯を食べようと、とある天ぷら屋さんにいったら。

残念、日、祝日はお休みでした。

で、お昼は抜いてしまい、そのかわり、夕飯は早めにとりました。
いつか、リベンジします、年内には!

| | コメント (0)

ようやく

ロックジェットを買ってきました。

カラー写真がしっかりとしていて、さらに渋公ラストの様子。
白黒写真もなかなか素敵です。
Julieのアルバム評がありました。
じっくり、思い出しながら読みます。
Rock2

| | コメント (0)

夕飯




太麺で、ボロネーゼ

本屋さんに行くのを忘れてた。
明日、行こう!

| | コメント (0)

丸ノ内線が、

停電で止まってるので、歩いてます。

| | コメント (0)

なかなか出てこなくて

いまか、いまかと待っていました。

http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=1642406

| | コメント (0)

きめてやる今夜

You

過去と
Kimekon2

| | コメント (0)

裕也さんと

こんなステージも、ありました。

Yuyaj
素肌に上着を着て、パールのネックレス!

| | コメント (0)

バンコク

バンコク在住の甥の話。
日曜日にハーフマラソンに出場。でも距離21キロが、26,7キロもあった、そうな。
お詫びにシャツをくれるって言ってもねえ。
足が痛いと言ってますが。

http://dot.asahi.com/afp/2015111700105.html

| | コメント (0)

週刊朝日

渋谷公会堂の記事に。

一番たくさん舞台に立ったジュリーです。





写真は、カワイさんより。

| | コメント (0)

マイナンバー

昨日、受取りました。

申請してカードそのものは、1月に交付されます。
いましばらく、待ちます。
Julieも申請するのかなあ。

| | コメント (0)

越谷政義さん

かつて、こんな記事を書いていらっしゃいました。

ミュージック・ペンクラブの事務局長さんです。
読売プレミアムは有料の会ですから、今は読めない私です。
読売をやめたので。

| | コメント (0)

むかしの

サインです。

昭和42年です。
ははは、48年前ですね。
Sign

| | コメント (4)

芸能界最高の脇役・岸部一徳が体現する「2番手以下の生き方」

サリーの記事です。

読み応えがあります。
そのサリーの言葉の後ろにJulieがいるように感じるのは私だけではないと思います。
サリーは、あくまでもスターです。
そのイメージのまま、これからも歩んでいくんだろうな、と思います。
最初の役が、Julieのドラマ出演だった、という事がサリーの基本にはある、と思います。
だから、サリーはJulieといつも一緒にいてくれるのです。
Takada

| | コメント (0)

この事かしら

http://touch.allabout.co.jp/gm/gc/460150/

今回のツアーで二度目のレポですね。

| | コメント (0)

写真その4

Pmc011

綺麗で
細くて
あ、指も、です。

| | コメント (0)

Karasu1

この時期の音楽劇は残念ながら見てないんですけどね、私。

| | コメント (0)

昔は

79hit
昔は、こういうヒット曲のパーティーもあったのですけどね。

| | コメント (2)

人間ドック中

婦人科系の検査は終了。

あとは美味しい?バリウムを飲みます。

| | コメント (0)

どこかで見たかも

Hart

田コロで♪Heartbreaker を 歌うJulie.

| | コメント (0)

写真3

701917971

女神の時のカーリーヘアー、これは好きだったなあ。
くるくるパーマは好きじゃないけど、ね。

| | コメント (0)

写真2

Bg3

好きな写真です。

| | コメント (0)

写真・・・

パソコンの写真を見ていたら、たくさんあるので、それを少し・・・

何の脈絡もなく。
78h
Karasu1
Bjulie

| | コメント (0)

ザ・ワイルドワンズIN武道館

2006年ワンズの武道館コンサートにゲスト出演したJulie。
この時、客寄せパンダかな、と思っていた。
もちろん、それだけではなかったけれど。
考えてみたら、加瀬さんプロデュースの時代から時が経ち、疎遠になっていたようにも思った時期だったから、へぇ~、と思ったりもした。
ただ、もしもJulieがワンズの一員だったとしたら、
という趣向で一緒にステージに立つ事で、Julieと加瀬さんの距離が再び近づく事になったのであろう。
その後、ジュリワンで二人の友情はさらに強まったし、さあ、これから、という時だったはず。
今、思うと、武道館の舞台に一緒に立てて良かったね。
加瀬さんは楽しかっただろうし、嬉しかっただろう。ジュリワンのステージも。

| | コメント (0)

朝日新聞!




広告が!

やまぶどうさん。ありがとうございました!

| | コメント (0)

11月3日は

涙の日。

去年のこの日は、Julieは悔し涙を流したと思う。
今年のこの日は、悲しい涙を流したと思う。
同じ涙でも、気持ちが違う。
ココロが違う。

どこか、泣ける場所を探していたのかと、友が言う。
あの時、おいおいと泣けなかったのであろう。
だから、うんと泣きたいと思っていたのかもしれない。

それが、ファンの目の前で、そこで泣く事を許された場所で、泣く事を選んだ。
そこが一番、自分にとってふさわしい場所だとJulieは思ったのよね、きっと。
そこを選んでくれて、ありがとう、Julie.
来年の11月3日は、嬉しい涙を流したいね。

| | コメント (0)

ようやく

届いた、神奈川新聞。


| | コメント (0)

TOKIOで

Julieが間奏の間、片足立ちをしていました。

それを見て私もマネをしてみました。
席の前はあまり広いスペースではないし、前の背もたれにぶつかったりして同じ時間は立つ事はできませんでした。
それに、次の歌詞に向けて、盛り上がっていく演奏に、身体を合わせていたので、それどころ?じゃなくなって・・・
と言う言い訳をしたりして。
ははは。

| | コメント (0)

ココロが・・・

いつもなら、大千穐楽が終わった翌日は、祭りのあとのさみしさですね~、

で、終わって、お正月コンサートに気持ちを切り替える私。
終わらなければ、始まらない。
なんてカッコよく言いながら。
なのに。
今回は全くそういう気持ちになれない。
このツアーで、ステージごとに加瀬さんの事を語ったJulie.
全曲を加瀬さんの曲で、と決めた時にも楽曲の多さに愕然?としたかもしれないし、
その曲を想うたびに、加瀬さんとの思い出が山のようにあふれたことだろうと想像する。
加瀬さんがいたずらをする、とも言ってきたし、
まるで加瀬さんがそこにいるような錯覚も憶えた。
Julieの記憶が、昔の話なのに、まるで昨日の事のように新鮮に聞こえたから。
告別式に行けなかった事が、Julieを現実回避させたのかしらと思う。
死を認識するためには、なきがらが消え去ってしまう現実を目の当たりにする事も必要だろうと思う。
その事実をJulieは、見なかった。
あえて見ようとしなかったのか、実際に行く事ができなかったのか。
深い悲しみも、その強烈な現実で、吹っ切る事もできる瞬間がある。
日を置いて、コンサートを始めてみたら、加瀬さんの笑顔、話す言葉、言われた言葉などがきっと走馬灯のようにJulieの中に常にあっただろうし、それを整理する為に時間も必要だったであろうと思う。
色んな思い出を話す事でJulieは自分で整理をしたんだと思う。
それは、実は、口実にもなったのである。
こんなにJulieを大切にしてくれて、いつもいつもJulieの事を思ってくれた。
ジュリワンも、もしもJulieがワンズのメンバーだったら、という加瀬さんのパーティー?にも参加した。
結果、大千穐楽で、Julieは♪想い出の渚 で加瀬さんを送ろうとした。
でも、涙で歌えない場面があった。
その言い訳を、今回のツアーで語った事で繕おうとしたのかもしれない。
こんなにいい人だった加瀬さんがいなくなって、僕はこんなに悲しい、
だからみんなの前で泣きたい、そして泣いた。
相手が加瀬さんだから、ね。
そんな風なJulieの言葉が聴こえてきた。
Julieをせめているわけでは、決してない。
そんな弱いところをファンに見せてくれて、ファンだったらわかってくれるであろうと思い、ああいう形でのラストを飾ったJulieの気持ち。
しかも、終わった後で、おもむろに取り出したスマホ???
歌詞を見るためだったはずなのに、それをストレートに言わず、万歩計を見る事によってすこしはぐらかせ、笑わせようとした。
万歩計はおまけで、あり。
あくまでも、♪想い出の渚の歌詞が必要だった。
それを見ても、完璧には歌えなかったJulie。
本当なら、歌い終わった瞬間に加瀬さんといったん、さよならが出来るはずだったと思う。
そのつもりだったと思う。
でも、歌えなかったという事実は、まだまだJulieは加瀬さんを、自分の近くに置いておきたいと思ったのではないかしら。
加瀬さんに、笑われないように、これからも歌っていかなきゃね、Julie。
困ったら、ココロの中にいる加瀬さんに聞けば、絶対に答えてくれるはす。
『いいんじゃない?大丈夫だよ、Julie』とね。
そうでしょ?加瀬さん!!

| | コメント (6)

まだ

昨日の事が、忘れられない。

ジュリーは、加瀬さんときちんとお別れできたのかしら。
しっかり泣いて、気持ちは治まったのかしら。

かなしい気持ちを、ファンに見せて、納得できたかしら。

いつもの千秋楽の翌日とは違う感情が、私のココロを占領しています。

| | コメント (0)

重い

客席の?空気が、重い、と言ったジュリーですが。


加瀬さんと別れを告げる事がいやで気持ちが弾まなかったのかしら?
ふと、そう思いました。

| | コメント (0)

メールより

前で、ご覧になったかたに教えていただきました。

アンコールが終わって
楽屋へ戻る時も、ずっと泣いていたジュリー。
最後のサプライズの初めから顔をくしゃくしゃにして泣いていたそうです。

| | コメント (0)

取材?

http://getnews.jp/archives/1229905

新聞社のカメラは見かけなかったのですが、コンサートにいらしていたのでしょうね、きっと。

| | コメント (2)

席は

今回は、30列でした。
顔なんて見えないし、そこにJulieがいる、事だけを確認できる席でした。
涙なんて見えません、でも声でわかりました。

前で見たら、もう号泣していたかも。
30列でも泣いちゃうんですから。

去年とは違う涙を流しましたが、よい追悼コンサートでした。
加瀬さんも、喜んでいらっしゃると思います。

『Julie,また来年もやろうよ』なんて言ってるかもね。^^

| | コメント (0)

眠れたのかなあ、私

何度も目が覚めて、そのたびに加瀬さんを思うジュリーの気持ちに、涙してしまいました。

起きて台所に立つと、ふとこう思いました。
昨日は、ジュリーの、加瀬さんに対する音楽葬ではなかったのかしら、と。
追悼コンサートと銘打っていました。

実際には、告別式に参加出来なかったジュリー。
その現実を認めたくなかったのかしら、とも思いました。
だからこそ、一度はお別れをしようと、追悼コンサートを開いた。
もちろん、あくまでも想像です。

昨日のラストは、だまったままで、あれ?と思うシーンがありました。

お別れの時に流したであろう涙を、ファンの前で、ファンに甘えて見せたのだろう、と思えてならないのです。

悲しかった、それを伝えたかった、そういう気持ちだったのかなぁ、と。

たまには、ファンに甘えて下さいね。

去年とは全く違う涙で終わったコンサートでした。

来年も、もっとパワーアップしたジュリーのコンサートに行きたいと思います。

| | コメント (2)

いつもとは違う

反応と、感想の早さ。
いつもとは、数倍も違う反応にびっくりしています。

みなさんからの、愛に溢れたコメントがとても嬉しいです。
なかなか眠れないのは、加瀬さんの悪戯のせいかな?

| | コメント (0)

思わず、かけつけた。

加瀬さんを偲んで♪想い出の渚を歌おう。

そういったJulieなのに、途中から泣いていました。
2番になってもJulieが歌えず、2回目に歌い始めた時に、鳥塚さんと島さんが飛び出してきました。わ~っと歓声があがりましたが、お二人はあくまでもそばにいるだけで、大きな声で歌うでもなく、サポートするという風でした。
歌い終わってお二人と握手してお二人は退場しました。
何度も加瀬さんは良い人です、と今回のツアーで言い続けてきました。
最後の最後になって、思いの丈を叫んだJulieがとても素敵でした。
気持ちを押さえてきたんだと思いました。
あの訃報を鳥塚さんの電話で知り、思わず泣いてしまったJulie。
お母さんが亡くなった時には泣かなかったのに、と。
ファンにも甘えた瞬間だったと思います。一緒に歌おう、と言っておいて、歌えなかったんですから。 一緒に、泣いた私が言うのもなんですけどね。

| | コメント (2)

最高でした

声は1番よく出ていました。

加瀬さんの悪戯を幾つか話してくれました。

3798歩歩いた、そうです。

万歩計をお尻のポケットから取り出して言いました。
さらに。
合唱しました。
涙でうまく歌えなかったけど。きっと、加瀬さんは聞いてくれたと思います。

無事に大千秋楽が終わりました。

| | コメント (2)

想い出の渚

| | コメント (0)

定刻に

1ベルが鳴りました。

始まります。

| | コメント (0)

この景色




フォーラムより、望む。

| | コメント (0)

ピーが

きていました。
知り合いに会ったあと、うえのロビーで座ってるピーにご挨拶。

お久しぶりです。

と。

ピーは覚えいてくれました。

| | コメント (0)

入りました

バラバラと、入場しています。
ある人と、待ち合わせ中です。

| | コメント (0)

まもなく

開場の時間です。

| | コメント (0)

すでに

国際フォーラムに、来ています。

| | コメント (0)

陽があたり

暖かそう。
寒くないと、いいなぁ。
珈琲でも、飲んでこようかしら。

| | コメント (0)

こんな日に

なんですが・・・

こんな自慢???話を書いておりました。
昔話ですが。

| | コメント (0)

明日は

いよいよ、大千穐楽。

思いがけなく、延期になってしまい、最初は、え?と思ったのに、もう終わり。
加瀬さんの曲で、と聞いたので、あの曲かしら、この曲かしらと色々考えて。
でも、良いコンサートだったなあ。
加瀬さんとの思い出を熱く語るJulieの姿が涙でかすんだ事もしばしば。
加瀬さんのJulieへの想いを、しっかりとJulieも受け止めていたんだなあ、と今更ながら思ふ。
さて、明日は何を語るのかなあ、Julieは。
あの答えを、忘れないで話してくれるのかな。
きっとあの人だと思うんだけどね。
そういえば、かの人の書いたサイトを見つけた。
昔のJulieの事が書いてあった。
うふふふ。
Julieが、問題を出した時、三択だったのに、回答例が4つになってしまって
『あ、四拓』と変更したけど、それじゃあ、4番目が答えじゃない、と笑ったなあ。
魔の11月3日、となるのか、それとも???
もう来年も11月3日に大千穐楽にしようよ。
毎年恒例にしてね。
でもお正月までの2か月間、どーやって過ごそうかしら。
またまた、ため息の出る季節がやってくる。
Julie~~~~!

| | コメント (0)

湯浅さん

湯浅さんのブログを見つけた。
多分、削除し忘れたものだと思う。

ちょっと嬉しかった。

| | コメント (0)

懐かしい写真

1915147_1419084130_n_1

松山にて。
ん~、何年前だったかなあ。
40年近く前。。。

| | コメント (0)

不思議

もりもっちゃんと、守が、いいね、だって。

不思議な感じがする。

こ本人以外、ね。

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »