« 讀賣新聞より | トップページ | 何か忘れていると思ったら »

10年前

必死な思いで、いんたーねっと、なんて本当に右も左もわからない私が、ねっとの隅にLIBERTYを置いておきたい、という気持ちで始めたホームページ作り。

膨大な資料があったから、それをひたすら打ち込む事で覚えたぶらいんどたっち(と言えるかどうかは、怪しいけど)気がついたら、まとまりのないままではあるけれど、形にはなっていた。タイトルは『沢田研二の世界 Julie’s World』これ以外思いつかなかった、べたべたな世界。もっと粋な名前を付けてもよかったかな、とも思うけど。

完成して、当時のniftyはニフティーサーブと言ってホームページを持てなくて、フォーラムを作ったりしていた。何かのフォーラムの一番最初に書き込んだことがあったわ。

仕方なくいんふぉすふぃあだったか、そこがホームページを持てるから、と2つ目のプロバイダに登録した。そのうちにniftyがホームページのサービスを開始した。あの頃はびぐろぶとか、そねっととか、ね。公開をしたけれど、何をどうしたらいいのか、さっぱりわからず、Yahooに登録する方法もよく知らず、私が1日1回、見ればアクセスカウンターは1カウント数えるから、1年で356アクセスだ、と思っていた。誰も興味なんてないだろう、と思っていたから。だって、あくまでも紙に書いたものを朽ちさせてしまわないために始めたんだもの、私だけのためのもの、だった。

そのうち、賑わい始めた。ネット仲間も集うようになり、楽しいネット生活も始まった。
だけど同じファンであっても、それぞれの中にあるJulieはみんな違うし、ファンである、というひとくくりにおさまるはずもなく・・・

いんふぉすふぃあから、どりーむねっとに引越した。これは大変だった。その後、どりーむねっとが閉鎖になる、というので、niftyへ再度の引越。あちこち無料のプロバイダでサイトを作っていたけれど、ひとまとめにしようと大移動。0038もあったんだけどなあ。いんふぉしーくとかも。

そうこうしているうちに、今度はブログの時代。実は、このブログが出来る前、電頭脳というのか、ともかくそういう関係に詳しい知人がいて、彼は自分で構築していた。あれはすごかった。出張した時に、私のデスクトップとノートPCの設定をちゃんとやってくれた恩人。

まあ、何はともあれ、いろんな事のあった10年だった。
でも私に何かがあった時、これはネットの藻くずとなってしまうのだろう、ね。それはそれでいいかもね。これは私にとって価値があるものであって、他の人には何の価値もないもん。

そんな話題。

|

« 讀賣新聞より | トップページ | 何か忘れていると思ったら »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 讀賣新聞より | トップページ | 何か忘れていると思ったら »