« タイガースTigersたいがーす | トップページ | 貴乃花親方 »

ミュージカル

日生劇場の「スゥイニートッド」を見てきた。

劇場へ向かう時、足早にそばを行く人達がいて、あれ、日生?と思ったら宝塚だったみたい。そうかあの辺りは、劇場がいっぱいなのね、と思った。

日生って昔、Julieのリサイタルがあったところ、という認識しかない。オケピットがあるんだ~、と変に感心。舞台装置も凄いし、お金かかってるのね~、と思ったりして。

場内が暗くなってすぐ、1階の入り口から2人登場。すぐ後ろからの登場でびっくり。大きな声が聞こえた、と思ったら芝居が始まっていた。

暗い舞台、暗いお話?ん~、市村さん、どこ?なんて思っていたら、上から登場。
ひゃ~、高い場所。キムラさん?あ、大竹さん。そういう見方をしてちゃ、ダメなのよね。
でもセリフの中に凄い言葉もちらちら。
歌詞が聞き取れない、字数がたくさんあるから。でも、なんとなくわかる、気がする。

1部は、長く、腰が痛く、ふんぞり返って見る体勢でなんとか無事、終了。
トイレは長蛇の列?と思ったら、別のトイレを案内する人がいて、中でもてきぱきとさばいてくれて、ほとんど並ばず。こういうところがしっかりしてるのね、日生って。(そうじゃないか)

そうそう、武田真治くんもいた。斉藤さんもいた。
歌ね、大竹さんの、声をつぶして歌うのには、どうしても違和感があって声が辛そう。
高音はいいんだけどね、どうしても彼女の今までの役柄と比べてしまうと、か細いイメージがあって、それを破ろうとしてたのかな。かなり頑張ったと思う。

ストーリーは、怖い怖いお話。再演の話もある、とか。
宮本亜門演出って、初めての体験。舞台のそこここに、亜門の目がありそうな気がする。

今年のJulieは、お芝居なし?新橋演舞場以外、は。
となると、来年?
ちょっと、期待してみようかな。

|

« タイガースTigersたいがーす | トップページ | 貴乃花親方 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106678/13673814

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカル:

« タイガースTigersたいがーす | トップページ | 貴乃花親方 »