« 気になる | トップページ | FMV »

2006年1月13日 (金)

新宿厚生年金会館

15日で新春コンサートが終わる。声の調子が回を重ねるごとによくなってる、なんて言うけれど、どうなんだろうか。声が出なかった時しか知らないから・・・・余計なことも考えたりして。渋谷公会堂の改修工事はいつ終わるんだろう。厚生年金も改修工事、大阪フェスも使えない、なんて、コンサート会場もままならないような気がして。変則的なツアー?かしら。でも、いつもと違う1年になるような予感もする。

|

« 気になる | トップページ | FMV »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

なじみの会場が使えないのは寂しいですね。『老朽化』の時期に来ているのでしょうか(笑)
国フォの Aホールでやったクリスマス、よかったですよね。ちょっとAホールは大きくて大変だったかも知れませんが、しっかり集客できてるんだから・・・・。たまにはあんなコンサートもやってくれないかな。

投稿: しろねこ | 2006年1月13日 (金) 23時07分

6日と7日では格段に違っていたでしょ。
10日は分からないけれど、
7日より10日の方が確実に澄み切っていましたよ~

【師走Romantix】の時もそうでした。
大阪とフォーラムでは、声の質が違っていました。
コンディションは一定の方が平等でいいのかもしれない。。
でもでも、どんな状態でもそのときしかない良さが一瞬一瞬にあるから、声の出方だけでは判断できませんね。
確かにコンサートは歌を声を聴きに行っているけれど、
Julieの場合は爪先の動きまでが表現しているし、
何よりJulieのココロを映し出している。
そんなJulieシャワーを浴びながら、、会場のみんなも一緒にコンサートを作り上げていますから。

だからだから、、全部この目でこの耳で全身で感じたいと思うんですね。
心配してハラハラするコンサートも結構好きだったりするんです。ふふっ。

OH!名古屋まで会場が~

投稿: のこ | 2006年1月14日 (土) 00時12分

クリスマスコンサートは、1回きりだったから、変化も見えませんでした。初日がいいのか、楽がいいのか。お芝居の場合は初々しい、台本通りからこなれた芝居になるのでしょうけれど、それと同じに、コンサートもこなれ具合がいいのかしら。反対に、Julieのドキドキ感や、不安感が満ち溢れて、ファンも手探りでいるあの緊張感もいいのかもしれません。これまで、1年に1度くらいしかステージに足を運ぶことしかできなかったので、贅沢な悩みかも。

投稿: kimiko | 2006年1月14日 (土) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新宿厚生年金会館:

« 気になる | トップページ | FMV »